www.pixiv.net

悪夢が途中ですが、原作の「人形の家」「人形の檻」に当たる小説 「嘆きの家」を連載することにしました。

 

「その家は悲しみを集めていた」

 

どうぞご覧ください。